バイクと自動車の衝突事故で加害者・保険会社の弁護士相手に1年がかりで損害賠償請求し続け、ほぼ要求の賠償額を勝ち取った記録のホームページの掲示板です落書き気分で書込みをして下さい。 ホームページ=http://skjikoshori.fc2web.com/

バイクと自動車の衝突事故

36582
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

バイクと自動車の事故(特に衝突事故)で困ったら? - 日本武(管理人) URL

2018/06/13 (Wed) 16:02:45

本掲示板はホームページ、「バイクと自動車の衝突事故」(http://www.geocities.jp/bkjikoshori/)の掲示板です。
事故時の保険会社の支払い渋りを撃退するため作ったホームぺージに付属する掲示板です。
バイク事故で困ったら閲覧ください。

控訴しました - 困った

2015/11/14 (Sat) 15:00:22

管理人様。

事故当初からご相談に乗って頂き、本当にありがとうございます。しかし、ながら痴漢以外にも冤罪が起こりえるんだと実感をしております。

今回改めて弁護士と原判決の判決文を検証して驚きました。弁護士の先生が噛み砕いて説明をしてくれましたが(判決文が難しすぎるので)、

『客観的な物証はないけども、物証から裁判官が個人的な推測を立てて、その推測を裏付けるように事故相手の証言を採用してる』

との事でした。
検察官であればともかく、公平な判断をする裁判官の書く判決文ではないと・・・。事故相手の不合理な発言は明確でないと認定されており、こちらからの証拠は全て無視と言う内容でした。管理人様が仰る通りお奉行裁き感が否めません。

弁護士の先生の弁護士仲間もあり得ない判決。
「証拠もないのによくやったな・・・。」
と言うのが感想なようで今回色々力を貸して頂き、17Pに及ぶ控訴趣意書を期限よりも早く提出しました。

一審の裁判官は高裁の裁判官で今年地裁の判事長に就任し、TVでニュースになるような裁判を担当されている方ですが、出世欲の塊のような方らしいです。一言で言うなら常に検察サイドと言う裁判官のようです(WEBの評判では)。

事故相手、取り調べをした副検事(公判の検事は引き継ぎだけなので)、一審の裁判官を恨んでいます。

こんな理不尽な事は我慢出来ないので、最後まで戦います。ちなみに来月控訴審の初回があるそうです。

被告人出席は義務付けられていないようですが、高裁は隣の県なので、出席してやろうと思います。

Re: 控訴しました - 日本武(管理人) URL

2015/11/15 (Sun) 16:24:56

決心されましたね。待っていました。
嘘を憑きとおせば裁判での事実になるなどあってはならないことです。

嘘を憑いた相手にお灸をすえるために戦い抜いてください。
高裁の裁判官の前で相手の嘘に対する憤りをある程度示すべきです。

人間であるなら当然です、人を恨まずという教えも尊く、
相手が通常の人間であるならそれも良いですが、

貴方が相手にしているのは最低のやからなのです。

控訴審について - 困った

2015/11/27 (Fri) 23:00:19

管理人様

年末に初回公判です。高裁から呼出状が届きましたが、一審と異なり任意ですので、出席されなくても良いと書かれていましたが、出席してこようかと思います。

事故相手、
操作担当の引退した副検事
一審の裁判官は本当に最低だと思います。

号泣した議員の裁判を担当するみたいですよ。その裁判官は・・・。自分が一番偉いと思っているタイプで自分の想定したストーリーに無理くり合わせた感がある判決文でした。

がんまります。
いつも心強いアドヴァイスありがとうございます。

Re: 控訴しました - 日本武(管理人) URL

2015/11/28 (Sat) 15:09:28

年末とは、何かと忙しい時期で大変ですね。
少しでも明るい新年が迎えられると良いですね。

警察官・検察官そして裁判官の質の低下が感じられた一年でした。
高裁の裁判官の真実の究明に対する意欲の有無が現れる事案です。
高裁以上の裁判官は無実の罪の者の最後の砦だと信じましょう。

冤罪大国ニッポン - 困った

2015/09/10 (Thu) 19:15:31

管理人様。
本日、判決がございました。私も母親も弁護士もほぼ無罪判決だと確信していました。検察の立証は

①事故相手の供述のみ
②供述は変遷していて、内容も不合理

で判決

「被告人を禁錮6ヶ月、執行猶予2年とする。」

私も母親も弁護士もハ???

判決理由が非常に理不尽でした。

・相手の供述は変遷しているが、大まかな概要は信頼できる。
・破片は断定できないが、相手の供述を信用すると物理的に合う。
・弁護側の主張は100%無罪を主張するものではないので、有罪とする。

判決文は後日ですが、こんな感じでした。
要するに弁護側の言い分もあるけども、無罪を立証するものではないので、有罪と言うことらしいです。

110の録音やドラブレコーダーや客観的な弁護側、検察側の証拠には一切触れませんでした。

弁護士曰く、全てのこちらの主張を論理的に否定して有罪を申し渡すのはまだしも、全て無視。事実認定が不当であること。断定できないといいつつ、破片で認定している矛盾。
通常否認していると「反省していない。」とか言うらしいのですが、それも無し。
停車している対向車に突っ込むことは不自然で、私が衝突の瞬間を見ていないと供述している(信号見てたので)ことから安全確認を怠ったと思うことが自然と言う判決でした。量刑は相手がスピード超過してたし、執行猶予付けました。との事。

ようするに裁判官も白黒分からないから執行猶予をつけた和裁判決だったのでは?との事です。事実認定が非常に雑でした。
証拠調べは一体なんだったの?
と言う印象。

母親は
「みんなこうやって泣き寝入りするんやね・・・。」
と泣きながら寝込んでしまいました。
弁護士は控訴をもう一人刑事裁判の専門の弁護士とチームを組んで控訴を提案されました。

「検察も裁判官も略式を蹴ってここまでしているので、控訴されると思っているでしょう。弁護士の主張を根拠なく否定もせず、無視した事実認定はあり得ない。」

と弁護士から言われました。
事故相手は家族が来て喜んでいました。

非常に悔しく、生まれて初めて人を呪いました。
事故相手、副検事、公判検事、裁判官に天罰が当たるように・・・。

自分は停車していたのは事故の当事者として確信しているだけに、冤罪は身近に起こるものだと感じました。

控訴は出来レースだと言う印象があるのですが、控訴する価値はあるのでしょうか?一審は有罪判決なので、弁護費用は起訴前弁護だけでかかっていません(弁護士もそれぐらい私が信憑性が高いと判断していたため)。無罪獲得で弁護士費用が発生する予定でしたが・・・。

合理的疑いが十分ですが、無罪を100%立証するものでないので、有罪。
「疑わしきは罰せず。」
は嘘でした・・・。

ちなみに裁判官。WEBで調べると過去にキチガイ判決と言われる判決を出しており、叩かれており、刑事裁判官のサイトには出世は期待できないと評価され、あまり評判が宜しくない裁判官でした・・・。それでも地裁の部長さんらしいですけど・・・。

検察も裁判官も偏差値の高い方々ですが、個人の嘘を見抜けない方々だったようです。

ちなみに検察官が入廷して僕と弁護士に初めて笑顔で
「こんにちは~。」
と挨拶されたので、本当は判決結果知ってたのかな?と勘くぐってしまいました。

も~日本と言う国が大嫌いになりました。

Re: 冤罪大国ニッポン - 日本武(管理人) URL

2015/09/13 (Sun) 20:48:11

この結果には、絶句、憤りだけです。
母上が寝込むのも当然です。一度、闘う決意をしたら泣き寝入りは止めるべきです。
「弁護側の言い分もあるけども、無罪を立証するものではないので、有罪と言うことらしいです。」
とのコメントですが、検察側の主張も有罪を証するものではないでしょう。

「私が衝突の瞬間を見ていないと供述している(信号見てたので)ことから安全確認を怠ったと思うことが自然と言う判決でした。」
とのコメントですが、右折停車中に前方を見ていたら、瞬間移動してSFまがいにワープして避けれたと言うのでしょうか。相手方信頼の原則で成立つ、自動車を運転するという行為を合理的に考察できない、この裁判官は自動車の運転などしたこと無いのかもしれません。司法関係者である検事、裁判官等で交通事故で犯罪者になりたくないので、運転しない者、運転免許を取得していない者がおり、この裁判官もそうかもしれません。だとしたらこの面で社会経験の無い裁判官が訳の解らないお奉行様裁きをしているのですよ。

「弁護士は控訴をもう一人刑事裁判の専門の弁護士とチームを組んで控訴を提案されました。」
とのコメントですが、これは当然であり、司法に生きるものとして正義が達成されるまで戦うのが使命です。

「WEBで調べると過去にキチガイ判決と言われる判決を出しており、」
とのコメントですが、キチガイ判決とは「車同士が衝突しセンターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、福井地裁であった、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟」のことでしょうか。
この訴訟は民事裁判で、被害者救済の判決で、保険補填で済む事ですので、保険屋は賠償額を支払って遺族を助けてやれよ!と言うもので民事ではこれもありです。
 しかし、刑事裁判では刑法に照らして、直近の業務上過失を厳格にとらえて判断しなければならないのです。「負傷者、遺族等を助けてやれよ」等と判断したなら、刑事裁判の民事裁判化でこれは絶対にやってはならないことで、裁判官失格です。

「検事が本当は判決結果知ってたのかな?と勘くぐってしまいました。」
これは、事前に担当裁判官が担当検事に執行猶予つきの禁錮刑を言い渡すので、量刑相場としてはどうかと検察庁側の対応について探りを入れているのです。この様な事が起きるのは、最低裁判官だからです。控訴してこの裁判官にも恥をかかせるべきです。

これ以上、続けるのはエネルギーが必用で大変なことで、多くの人がこの様な事案で泣寝入りしているかも知れません。
臥薪嘗胆(がしんしょうたん)あるのみ! 決断するのは貴方です。

おいおいって感じでした - 困った

2015/08/22 (Sat) 23:12:22

盆明け早々に論告・最終弁論がありました。

論告・求刑で検察は禁錮8ヶ月を求刑して来ました。
最終弁論では無罪を改めて主張しました。

検察の主張は相手方の供述のみ(相手方調書と法廷で違うこと言ってます)。かなりこじつけと憶測で構成されており、事故の相手方の言い分が正しいと言う主張でした。

弁護士の先生曰く

「検察の主張は相手の言い分だけ??無罪をかなり期待できるけど、裁判官も色々だから分かりませんねぇ~。」

との事。

①私は完全否認。
②検察は事故相手方の言い分のみでの証拠
③物証・目撃者なし。

私は警察・検察の捜査に不満があり、とりわけ検察捜査段階の担当副検事の捜査・応対に不満があり、悔しい旨を伝えました。

今回の事故でドライブレコーダー等の自分の身は自分で守ることの重要性と警察、検察が今まで抱いていたイメージとかけ離れて、無能であることを感じました。『国営のやくざ』と評されるのはまんざらではありませんね・・・。

判決もまた一ヶ月ほどかかるそうです。

Re: おいおいって感じでした - 日本武(管理人) URL

2015/08/23 (Sun) 14:06:11

盆明けは裁判官・検察官・弁護士も夏季休暇を取得していなかったと言うことですね。
この三者の予定が合わないと裁判日程が決まらないので、また1ケ月程、先の楽しみですね。
ネジ曲がった検察の主張を退けて、裁判官が適切な判決を出すのを待つのみですね。
一度、走り出したら、線路が無くなるか、脱線するまで走り出す暴走、警察・検察は「国営のやくざ」より、たちが悪いでしょう。

それでも心配です(汗) - 困った

2015/08/24 (Mon) 12:15:15

管理人様

ご返信ありがとうございます。

>ネジ曲がった検察の主張を退けて、裁判官が適切な判決を出すのを待つのみですね。
>
仰る通りです。
論告でも内容が全然納得できない一報的なモノで、逆にこれで有罪とするならばどのように事実認定を行って判決文が書けるの?と素人の私でも思うほどですので、無罪判決が頂けると信じています。
しかし、裁判官は検察官と結託しているやら、裁判官は無罪判決を出し辛いなどの噂もあり、今までが信じていた警察・検察が理不尽な対応だったので、理不尽な判決をされたらどうしよう?(控訴するしかないんですけど)と不安になります。

>一度、走り出したら、線路が無くなるか、脱線するまで走り出す暴走、警察・検察は「国営のやくざ」より、たちが悪いでしょう。
>
今回の起訴は副検事の強引な起訴。目撃証言もあるし、僕の供述に矛盾があると思って弁護士曰く起訴したらしいのですが、捜査途中になって僕の供述の変更を裏付ける110の会話が見つかったりして再捜査すべきなのに、自分の定年退職を理由に起訴した次第です。
また、後日談で弁護士から聞かされたのですが、副検事と弁護士が話した時に
「目撃者が居てるんだ!裁判に出るかどうかは分からないけど・・・。」
と言っていたそうです。
不利だから僕に略式を認めるように促していたのか今では謎です。
結局証拠開示でも副検事の誘導で目撃者の調書が作成しており、調書の中でも記憶にないと目撃者たる人物が述べていました。結局証人には出てこずと・・・。

検察も人間なので、途中で捜査のストーリーが違うと思うことはありますが、何故強引に人の迷惑を考えずにつっぱしるのか理解不能です。
結局はお役所仕事なのかもしれませんね・・・。

どうなるのでしょうか? - 困った

2015/07/08 (Wed) 18:24:25

管理人様

本日第4回の公判請求があり、同乗者の母親と被告である私の尋問がありました。
母親は弁護士と打ち合わせした内容を滞りなく話しましたが、検察の意地悪質問(揚げ足取ったりなど)には話しがチグハグになったり、結局裁判官も事故当時の写真などを示されましたが、「今となっては良く覚えてません。」と終わりました。

私の時は弁護士と打ち合わせした内容を話しました。弁護士の先生に「最後に何かありますか?」と言われたので

・警察が目撃者を一人も確保していないことが不満であること。
・事故相手の自宅に電話した人の消息を相手方にもみ消されたことの不満。
・2台続けてきた市バスのドライブレコーダーのうち、後続の1台分しかないことに誰も気付かない捜査の不手際。
・ずっと訴えていた110の通話記録が起訴直前に出てきたことへの不満。

を訴えて、副検事の取調べの理不尽さを伝えました。
110の通話の中で警察の指示で車を動かした通話が記録されていることを捜査段階で指摘すると。

「私は定年だから不起訴にするのが一番楽で検察審査会の差し戻しも関係ないが、上から言われて起訴する方針に決まっているので略式か正式か選べ」
と言われて余りにも理不尽ではないかと訴えました。

弁護士曰く途中で止められると思ったらしいですが、最後まで裁判官は話させてくれました。副検事の取調べについて述べた時、裁判官は眉をひそめ、検察は露骨に嫌な顔をしてました。副検事の取調べには弁護士が同席していたことも述べました。

今回の争点は

警察官の指示で車を移動させてが当初の取調べで駆けつけた警察官の指示で動かしたと答えたが、本当は110の警官だった(通話内容で証明)。


検察には通話の中で「事故を起こして」と話しているが何故ぶつけられてと自己防衛をしないのか?などの質問がありましたが、

裁判官が制止。裁判官が今回も結構会話を中断しました。

「検察官も電話の指示で動かしたことは認識しているのでしょう?それ以上何を聞きたいのか?」

と言うと舌打ちする感じで

「も~い~です。」

と非常に不愉快な態度でした。
検察官が「警察の平成◯年の~で」と言ったと聞こえたので答えていると会話が咬み合わないので、「警察と検察を聞き間違えた。」と伝えると平成◯年と言っているでしょう!!と言葉尻を取ってくると裁判官が

「聞き間違えたのであれば改めて質問すれば良いでしょう。」

と言うとまた舌打ちみたいな感じでした。

その後裁判官から直接尋問がありました。

「自営業って具体的に何をしているのですか?」

事故後、がん治療の弟の件もあり、裁判が始まる時は無職でしたが、先月税務署に開業届けを出し起業したのですが、具体的に業種や職種を質問されました。

「右折待ち停車中はまっすぐなのか、斜めなのか?」

ほぼ真っすぐと答えました。

「甲◯◯号の写真を示して。これは北東に散乱していた破片です。普通は破片の散乱している場所が衝突地点だと思わるのですが、どうですか?」

と質問されました。
北東以外にも破片あるでしょうし、破片の有無など全然今まで気にしていないので分かりません。と答えました。
実際に前回の公判で事故担当の警察官の尋問で裁判官は破片について質問しましたが、警察官は破片はそこいらに散乱していて気に留めていないので、実況見分調書にも記していないと答えていました。
弁護士はフォローで事故後も車の往来があり、破片が飛散した可能性もあると発言していました。「いいですよ。」と被告人質問が終了。

次回が論告求刑と最終弁論。
これまた一ヶ月先です。

公判終了後、弁護士の先生とお茶しながら質問しましたが、

「無責任な言い方ですが、この状況で法曹人としてどのような判決になるのか興味が非常にあります。」

と言われ、裁判官は基本証人の発言は信用せず客観的証拠のみで判断するそうで、有罪であれば破片に注目し、こちらの証言を全て退けるぐらいしか考えられないそうです。

破片の画像も破片をメインに撮影した写真ではなく、認定するには常識的に弱すぎるので有罪であれば控訴。無罪であれば検察側は控訴するには決め手にかけるのでは?と言う見解です。

裁判官は個人的な判断で判決できるので、分からないと言われました。

客観的証拠は
・バスのドライブレコーダーの画像(2台のうち後続車のみ)
先頭車であれば僕が移動する様子が写っていた可能性が高い。事故後110の指示で移動した直後にバスが通過したため。

110の通話記録

実況見分調書の写真

あとはお互いの供述(相手はもうつじつまあってません。)

どうなるのか分からないので不安です。
言えることは言ったのでちゃんと判断してくれることを祈るばかりです。
裁判官は検察よりだと聞いたので冤罪になったら困ります。

Re: どうなるのでしょうか? - 日本武(管理人) URL

2015/07/08 (Wed) 19:39:08

業務上過失致傷の罪である、「業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する」犯罪の裁判において貴方の過失の探求はどれほどされたのでしょうか?
肝心な部分の法廷闘争は有ったのでしょうか?
簡単に無罪にすると、検察、警察の馬鹿さ加減が余りにも明になるので、裁判官が検察、警察をカバーしているのですよ。
結果は無罪ですよ。事故の相手方に何がしかのペナリティを与えたいですね。

良く分からないんです。 - 困った

2015/07/09 (Thu) 23:19:35

管理人様

いつも返答ありがとうございます。

>貴方の過失の探求はどれほどされたのでしょうか?
>
実は弁護士VS検察と言う関係で見ると
事故直後車を動かした動かしていないをフォーカスしてるように感じました。
裁判官は衝突した場所をフォーカスしてるようでした。
実際裁判官からは車の停車位置と、事故現場の写真の破片の場所について質問されましたが、警察や検察でも破片の話しなどこれっぽっちもされてないので、質問されても分かりませんと言うぐらいでした。

検察がネチっこい質問しようとすると裁判官がフォローしてくれたので、自分ではそんなに探求されたとは感じませんでした。

事故相手もそうですし、捜査段階の副検事にペナルティー与えたいです。人を恨んではいけないと思いつつも腹は立ちます。

Re: どうなるのでしょうか? - 日本武(管理人) URL

2015/07/11 (Sat) 11:49:51

事故当時は捜査機関に警察は、供述の食い違いが後日になって、出てきて、これ程もめると思っていないので、初動捜査の手抜きがあり、証拠がきわめて乏しくなり、情けない状況で、担当警官は反省していると思います。

物的証拠は、ブレーキ痕、破損状況、破損した物品の状況等になりますが、この裁判の状況では証拠が互いの車の破損状況だけでしょうから、衝突位置を示す物的証拠が皆無となり、衝突そのものの目撃証言が多数の車が往来する道路で無いというのも情けないです。

そして、担当警察官にしてみたら、日本人は道徳心が強く、一流国の人間だから、被害者が嘘をつく、と言うのは想定外でしょう。
この様な性分の悪い人間も存在することが解り、担当警察官は極めて勉強になったでしょう。

ドライブレコーダーはこの点で必需品と言えるでしょう。
そして事故発生直前から事故時の間の貴方の過失(直近過失)はどの様な争点になるのか知りたいものです。

争点がずれていたように思えます。 - 困った

2015/07/11 (Sat) 21:14:00

管理人様

おっしゃる通りだと思います。
警察官が調書作成時に

「こんな事になると思わなかった。」

と言っていました。
今回、起訴に至ったのは事故後に車を移動させたのは現場に駆けつけた警察官の指示と私が記憶が混乱した発言をしたためだそうです。弁護士先生曰く。

移動後にバスが通過したのですが、そのドライブレコーダーに現場に向かう警察官が写っていて

「移動はしていないはず。」

と疑われていたそうですが、実際110通話に移動をさせた事実が記録されていました。それも副検事は分かったのに

「もう遅い(自分が定年のため)、略式か正式か?」

を迫って弁護士が捜査の引き継ぎを願い出たのですが起訴された次第でした。

直近過失については車をどのように停車していたのか?を訊かれたのと破片について質問されただけでした。

破片は警察も記録しておらず、検察でも質問されたことなく、裁判官に初めて質問されたので、分かりませんと応えた次第です。

第三回公判終わりました - 困った

2015/05/25 (Mon) 23:14:15

管理人様

本日第3回公判請求が無事(?)終わりました。
驚く事に担当検察官と裁判官が変わっておりました。

帰宅してネットで調べてみると担当検察官は東大卒の海外の大学院に進学した経歴みるとエリート。
裁判官は若い方から年配の方に変わったのですが、「どこかで見たことあるなぁ~。」と言う印象でしたが、ネットで調べてみると全国放送されるような数々の凶悪犯罪の裁判を担当されている裁判官でした。刑事部の部長さんと地裁では偉いさんのようです。

弁護士曰く異動の時期なので、検察官・裁判官ともに異動したのでしょうとのこと。否認裁判ですので、ベテランの裁判官が担当したのでは?との事でした。

事故担当の交通課の警察官の証人尋問がありましたが、どう言う経緯でそれぞれの実況見分調書を作成したのか?などのやり取りでした。
検察、弁護士双方が警官に質問した後、裁判官自らが事故現場の破片の詳細について質問した後、弁護士が事故から30分後に開始された実況見分までの間に後続車が破片をバリバリ踏みつけているので、散乱した可能性があると言っていました。

その後事故相手の証人尋問でした。
事故相手は普段着に表情を見せたくないのか、大きなマスクをしていました。尋問もマスクしたまま。

検察から尋問を始めて(多分練習してたんでしょう。)。相手は僕が右折してきたので衝突したと主張。検察官が資料を出してそれを指して説明させようとしたら裁判官が
「そんな事より、事故の前後衝突の瞬間を詳しく聞いて下さい。」
と遮ってから練習と違ったのか、急にやり取りにスムーズさが失われたように感じました。
弁護士からの反対尋問は横で聞いていて腹がたちました。
嘘八百のオンパレードです。先に証人尋問を終えた警察官は傍聴席に居ましたが、言ってる事変わってるので驚きの表情をしていました。
検察の捜査段階での供述書とも異なる内容でしたので弁護士が流石に
「あなた検察の捜査段階ではこう言ってると記録ありますけど。」
と突っ込むと
「ハイ。」
と応えるだけ。
検察もびっくりするようなフォローして何か良く分からないまま終了。

予定していたより時間があるとかで新たな証拠請求をその日に内に提出して終了となりました。また1ヶ月以上先に第四回で私と私の母親の尋問があります。

弁護士に相手をもっと言い負かさないのか?と質問しました。
「相手に喋らせる場で言い負かしたり論争する場ではない。」
と言われました。

法律の素人なので、座って成り行きを見守るだけでした。


【追記】
裁判官は気が短いのか検察、弁護の主張に頻繁に介入していました。
検察が裁判官に書類か何か提出して何か話した時

「検察官は◯◯しなくていい。」(良く聞き取れず)

と突き放すと検察官は裁判官に背中を向けた瞬間。明らかに舌打ちして小言を言っていました。傍聴席の母親も瞬間を見たそうです。

裁判官と検察官は2個一ペアではないのですか?
素人感覚ですが、相性悪そうでした・・・。


私は何を訊かれるのだろう??
と思っています。別に後ろめたい事もないので、自分が認識している事実を話すだけですが・・・。

裁判官はお互いの供述よりも客観的な証拠を元に判決を下すと聞いています。証拠が欠けているのにも関わらず検察都合の解釈で起訴されている訳ですので、どうなるんでしょう?と不安に思います。
冤罪は嫌ですね。

Re: 第三回公判終わりました - 日本武(管理人) URL

2015/05/26 (Tue) 16:06:52

「【追記】 裁判官は気が短いのか検察、弁護の主張に頻繁に介入していました。
検察が裁判官に書類か何か提出して何か話した時
「検察官は◯◯しなくていい。」(良く聞き取れず)
と突き放すと検察官は裁判官に背中を向けた瞬間。明らかに舌打ちして小言を言っていました。
傍聴席の母親も瞬間を見たそうです。 裁判官と検察官は2個一ペアではないのですか?
素人感覚ですが、相性悪そうでした・・・。」

の部分ですが、これは、裁判時の書面で事前に公判請求時に一部の書面を提出せずに裁判時に提出するという手法を取るのですが、これは被告人が悪質であるという印象を与えるために行う昔ながらの手法で、現在ではスピーディな裁判の進行を妨げるだけです。
この様な事をする検察官は経歴からエリートかもしれませんが、経験不足の素人検察官でしょう。

裁判は真実の探求、正義の達成の為にあるのです。
このために貴方は法廷に立つのです信念あるのみです。

Re: 第三回公判終わりました - 困った

2015/07/05 (Sun) 18:20:28

管理人様

ご無沙汰しております。
いよいよ今週に、私と同乗していた母親の尋問です。

弁護士の先生も丁寧に説明してくれて、(争点など)記憶を再整理して挑みます。

事故相手は警察の調書、検察の調書、そして法廷と発言する度に内容が変わっていました(笑)。

嘘つくと嘘を重ねたいといけないのでしょうけども、自分の発言すら憶えていないのかな?と思うような感じでした。
負けたくないですね。

ようやくです - 困った

2015/05/19 (Tue) 13:08:43

管理人様

2年前からご相談させて頂き、ありがとうございます。
昨年、公判請求の起訴状が届き、公判請求が始まりました。

一度目は人定質問→起訴状の朗読→黙秘権の告知→被告人・弁護人の陳述

でした。

2回目は証拠調べで何を同意にするか不同意にするかを弁護士と検事がやり取りしていました。

いずれも30分もかかりませんでした。

公判とは別に裁判所の会議室みたいな所で、裁判官、書記官、検事、弁護士、そして私が集まり今後の方針みたな打合せをしました。

そして来週は3回目の公判で事故担当の警察官と相手の尋問です。

起訴されて初めて相手の調書を見ました。おどきました。

副検事の捜査段階で記憶違い(車を動かす指示したのが駆けつけた警官ではなく、110の警官であったこと)を伝えたら、
「大した問題じゃない。また次回呼び出しで訂正する。」
と言われて訂正してくれませんでしたが、相手は供述調書を3枚も作成し、その都度内容が変遷されていました。

事故の保険の用紙を私に送付したが「白紙で返送してきた。」だのと嘘八百で、保険の用紙の記述は送付先の労働基準監督署(相手が労災保険申請)、自分の保険会社、そして記述した用紙の確認を弁護士にしてもらってから送付しています。

嘘八百書かれており、非常に悔しいです。
目撃者も居るいると行って証人には出てこないと言う始末・・・。

事故相手もそうですが、捜査担当の副検事を非常に腹が立ちます。

公判の検事は女性ですが、これで起訴したの??と言う印象を持っているかもしれません。

長い間ご連絡できませんでしたが、かなりゆっくりの進行状態でした。

Re: ようやくです - 日本武(管理人) URL

2015/05/20 (Wed) 11:36:07

ゆっくりですが、前進していて、一安心しました。
相手は立ち上がりの嘘で、嘘の地獄にはまり込み、警察、検察は嘘の地獄に引きずられて、どうせ車の過失がわずかでも残り、民事では保険で賠償されるのでと、安易な捜査をし、この裁判の結果で、警察、検察は恥をかくことになるでしょう。
警察、検察が捜査の基本を守っていればこの様なことにならなかったのです。
理路整然、合理的な真実・事実の確認により負けることはないでしょう。
貴方の証言は裁判官に向かって冷静に述べるように努めてください。貴方が誠実な良い人物である印象が植えつけるのです。

バイク事故、貴方はどうしますか? - 日本武(管理人) URL

2015/05/11 (Mon) 11:45:40

「バイク事故、貴方はどうしますか?」この問いかけに答えるためのホームページの掲示板がこれです。

http://www.geocities.jp/bkjikoshori/

保険屋から賠償金を沢山頂くために労を惜しまず行動です。


他に助言があればお願いします - 困った

2014/12/12 (Fri) 20:36:29

管理人様。

起訴されたのは非常に心外ですが、起訴なのか?不起訴なのか?と逆にドキドキ(起訴=冤罪と思っていたので)していたので、逆に起訴されたらとことん争ってやろうと落ち着きました。

以前管理人様が仰って頂いた

>起訴させて正式裁判で決着させれば良いです。
>裁判で相手を呼び出し嘘を明らかにすれば良いのです。
>
しか方法はありません。
弁護士の先生も相手を反対尋問していく方針のようです。

親しい友人の紹介で紹介して頂いた弁護士の先生は、事故直後から弁護士特約で民事を依頼しており、非常に親身に管理人様と同じく、私達親子の相談に乗って頂き、検察取調べで少し可怪しいと察して頂き、刑事も起訴前弁護でお願いしました。

「起訴はあり得ない。」

と言うことで、着手金も友人の紹介価格。不起訴で紹介価格の報酬金。起訴されて無罪判決以外は報酬金は結構と言う契約にして頂きました。

「これは立派な冤罪であり、冤罪被害者を初めて目の当たりにした。こんなのがまかり通ると日本国家が終わりです。」

と管理人様と同じような発言をされて心強く思っております。
ここでまたご質問したいのですが、(弁護士の先生もそこは詳しくないとのことで・・・)

①現在行政処分はありません。現在運転免許経歴書を安全運転センターで申請しておりますが、今回の起訴がきっかけで何かしら処分されるのでしょうか?検察と公安は連携してないと聞きますが・・・。
弟は癌治療を終えて退院して、月2回の診察。1年以上寝たきりのうえ抗がん剤と手術で足腰が弱っており、職場へ毎日私が送っているので運転できなくなると困ります。

以下の質問は一生懸命になってくれている先生に申し訳なくて質問できないのですが、弱気な私の一面から質問させて頂きたいのですが、

②起訴されると有罪判決が99.9%で厳しいと言われますが、管理人様の仰るように検索してみると無罪判決の事例が数多く出てきます。絶対に有罪にしかできない案件以外に今回のような強引な起訴が増えてきていると言う事なのでしょうか?今回の副検事のように裁判官は流石に一方的ではないですよね???捜査担当の警察、検察の人柄が悪くて非常に不安になってしまいます。

③絶対に負けたくありません。しかし別の弁護士から公判なら恐らく実刑はないと思うけど求刑は禁錮刑かと思うと言われました。痴漢冤罪の映画とかを過去に見てしまい、不安です。否認していると民事的な示談もないわけで、勿論初犯ですが執行猶予とか普通はあるものなのでしょうか?

略式なら30万前後とか言われましたが、自分のやっていない過失を認めてお金で解決しようとなどは思いませんでした。守りたいものは正義と言うか人間としての尊厳です。

Re: 他に助言があればお願いします - 管理人(日本武)

2014/12/13 (Sat) 12:54:58

回答です。
①「刑事処分」と「行政処分」は別々になりますが、交通違反切符の場合はその場で違反を認め(切符の末尾に署名押印をする。)、これにより点数が加算され点数制度による行政処分を受けることになりますが、貴方の場合、「自動車運転過失傷害」言う交通違反が確定していませんので、交通事故の加点がまだ無い状況です。判決になり、処分結果通知が警察に届けば加点され、その後に行政処分が来るでしょう。当分先のことで、無罪になれば相手の自損事故ですから処分は無いでしょう。

②青キップの反則行為でない、違反は「非反則行為」となり、いわゆる「赤キップ」の違反となり、
この違反の場合は、刑事裁判を受けることになり、検察で取調べが行われ、裁判により刑罰が決められ、違反した事実を認め不服のない場合は、「略式裁判」を受け、略式に応じない場合や悪質な違反の場合は、公判請求され正式裁判となります。殆んどが検察庁の任意呼び出しに応じ、略式裁判で終了しているのですが、最近、交通違反者が性悪になり、スピード違反等で検察の任意の出頭に応じない者(逮捕する場合もあります。)が多く、検察官は一罰百戒のため、公判請求をして見せしめとしているのです。従って、これ等の者は公判時に罪を認めるので殆んど有罪判決なのです。

③懲役刑、禁錮刑になるのは業務上過失致死傷罪や危険運転致死傷罪などで、死亡事故・飲酒運転・ひき逃げ・度重なる無免許などで交通刑務所に収監して、お灸をすえる必要がある性悪犯罪者です。
最悪有罪となった場合、バイクの運転者が大腿骨骨折全治2ヶ月で、貴方は始めての人身事故でしょうから最悪の実刑言い渡しがあっても執行猶予付きでしょう。犯罪を立証する証拠がお粗末なので有罪は無いと思います。

このような解釈で宜しいでしょうか? - 困った

2014/12/14 (Sun) 17:55:56

管理人様

いつも的確なアドバイスをありがとうございます。
管理人様のアドバイスにホッとします。
頂きました回答についてもう少しだけ質問させて下さい。

①免許証について
運転免許経歴書を取り寄せましたが、管理人様の仰るとおり、無事故無違反前歴0、累積点数0点でした(12/10付)。ゴールドのSDカードが同封されていました。
警察は送検したらそれでお終いと担当警察官が言っていましたが、刑事処分の結果が逐一、警察に通知されるものなのでしょうか?不起訴になっても行政は別管理と言うことでよく、加点だけされているので連携していないと聞きますが、事故は別ケースなんでしょうか?無罪になると何もないことが現段階で分かりましたので、公判できっちり争います。

②についての解釈
つまり、ほとんどが認めているうえで起訴されているので、有罪判決が多い。否認の事件・事故が少ないと言う解釈でよろしいでしょうか?
違反して検察の任意の呼び出しに応じないと言うのは、私的に少し驚きです。

③求刑について
私も有罪などにされては冤罪は困ります。
しかし、犯罪を立証する証拠がお粗末で普通は起訴できないと言う見解の弁護士の方々が多いのですが、副検事の独断で起訴なのできるのでしょうか?確実に立証できるものであれば、私に略式を求める時に動かぬ証拠として見せつけるはずだと思いますし、何度も呼び出したりせずに起訴できますでしょうに・・・。検察側の証拠を取り寄せないと想定の域でしかありませんし、何より見に覚えの無い過失であるわけないでしょう?と言うのが本音です。

Re: 他に助言があればお願いします - 日本武(管理人) URL

2014/12/14 (Sun) 20:40:48

回答です。
①交通違反切符を切るのは殆ど、取締りによる現行犯で被疑事実に争いがないので、行政処分も並行して行えるのですが、交通事故の場合、警察官が現認することは殆どありません。刑事罰が確定しない限り、交通違反が確定しないので行政処分が出来ないのです。
警察には処分結果が書面で通知されますが、末端の馬鹿警察官が目にすることはないでしょう。処分結果は捜査書面写しに綴り保管するだけです。末端の警察官が 「警察は送検したらそれでお終いと担当警察官が言っていました。」と言ったのはこのことで、下っ端警官は処分結果通知書など見ることはないのです。
②出頭しない等悪質なだけで、現行犯で検挙されているので争いにならないのです。有罪判決が多いのは当然です。貴方のようなケースまれです。
③前にも記載した通り、バイク側の供述に合わせて犯罪を構築(目撃者も供述に都合の良いものをそろえる。)して、数回の取調べにおいても貴方が被疑事実を認めない悪質な状態にして、起訴せざるを得ない状況を作って逃げるように退職したのです。

と言うことは - 困った

2014/12/14 (Sun) 22:23:31

管理人様

迅速なご返答ありがとうございます。

①に関しては刑事裁判終了後、警察に通知が言って公安に報告か行くかどうかですね・・・。行政処分がその後あるかもしれない(弁護士談)、特に今なければ公安と刑事は連携していないので、処分はないかもしれない(友人・知人)と言われております。

②に関しては理解できました。
弁護士の先生も不謹慎ですがと前置いて、非常にレアなケースで、証拠請求してみないと分からないけども、裁判官の発言・判断が楽しみと仰っていました。

③に関しては、副検事の目的が分からない呼び出しの理由がなるほどと納得できますね。

と言うことは、管理人様の仰るとおり、相手を尋問して嘘を明るみにして無罪判決を勝ち取るしかないと言うことですね??

無罪判決確定後に相手の不起訴処分を検察審議会に申し出ることも可能なのでしょうか?

Re: 他に助言があればお願いします - 日本武(管理人) URL

2014/12/15 (Mon) 12:47:14

・刑事処分は警察から検察、裁判となるルートで、行政処分は警察から公安委員会に行くルートで、検察庁と公安委員会は相互連携せず、判断と処分は基本的に別々に行われますが、違反情報は警察から出てゆくのです。処分結果は左右されませんが、元をたどれば種は同一で警察です。裁判で有罪になれば忘れた頃に行政処分が来ます法の下の平等と言う言葉が適切ですね。
・相手を法廷における「証拠調べ」に引出して、嘘を明るみ出し、無罪を証明するのです。
・検察審査会に審査を申立て出来るのは、告訴・告発をした者、被害者(被害者が死亡した場合にはその遺族)で、
審査申立書に必要事項を記載して最寄りの検察審査会に送るだけです。
詳しくは裁判所のホームページです。「http://www.courts.go.jp/kensin/
無罪判決確定後でなくても、被害者でもある貴方の手元には相手の不起訴の通知が来ていますのですぐにもできます。

も~負けられませんね。 - 困った

2014/12/15 (Mon) 21:38:35

管理人様

ありがとうございます。
冤罪で刑事も行政も処分されてはたまりませんから、頑張ります。

>相手を法廷における「証拠調べ」に引出して、嘘を明るみ出し、無罪を証明するのです。
>
私も腹ただしく思いますが、弁護士の先生がムカつく(普段凄く丁寧で言葉が綺麗な先生です)と言うほど悪質なようです。普段から人を悪く言わない、悪い感情を抱かないようにしてますが、今回は腹が立つと言うかショックですと言うのが正直な感想です。

検察審議会の情報ありがとうございます。
先生にも相談して無罪を確定した方が有効(母親が起訴状で約72日間の加療なので、無罪を獲得して意義を唱えた方が不起訴不当になりやすい)らしいです。

裁判所と弁護士の先生がやり取りしているそうで、初公判は来年になりそうです。担当の検察官は若い女性の検察官らしいです。捜査では定年前の副検事。今回は新人検事。裁判官が常識ある平等な判決できる方に当たるのを祈るばかりです・・・。起訴から2週間ぐらいしないと証拠が開示されないそうで、悶々と年越ししそうです。

起訴状が届きました - 困った

2014/12/10 (Wed) 16:14:44

管理人様
本日書留郵便で裁判所より起訴状の謄本が届きました。
なんでも私の不注意による右折と言う過失で相手が大腿骨骨折で加療期間が約2ヶ月。同乗していた母親が頚椎捻挫で加療期間約72日と言うものです。
【罪名及び罰条】
自動車運転過失傷害平成25年法律第86号による改正前の警報211条2項。
です。
私選弁護しを起訴前に依頼しているからか、A4用紙2枚で起訴状のみでした。
相手は診断書通りで母親は治療完了期間なんで調べたんでしょう・・・。
母親は同乗で停車中であることは存じているので
「こんな冤罪、許されるの??」
と怒っておりますが、起訴するしないは検察の判断であるので仕方がないと思います。
言われのない過失を咎められるなら冤罪であり、振りかかる火の粉を振り払わなければならないので、公判で争うまでです。嘘をつく相手を反対尋問できると思うと少しホッとしています。
弁護士の先生に連絡すると
「来週検察に連絡して証拠について問い合わせして証拠を確認してから対応して行きましょう。」
とえらく落ち着かれておりました。
起訴前の取調べでナニを言っても副検事は「別に~。」みたいな態度だったんではじめから起訴すると決めていたんでしょうとのことで、先生は想定の範囲だったそうです。何のための複数回の呼び出しなのかはこれで謎です。
立件できるような証拠があれば、私だって自分の認識が勘違いだっと納得して略式に応じていると思います。
どれもこれも副検事の都合の良い解釈にしか思えず、今回かなり強引な起訴であると感じています。
弁護士の先生も今の先生に決定するまで、複数の弁護士の先生に相談した(今の先生が他の先生にも相談した上で自分に一番相性が良い先生と選ぶと良いとアドバイスを受けて)上で今の先生に民事・刑事ともに依頼を決めましたが、どの先生も刑事は嫌疑不十分による不起訴と言う見立てでした。事故瞬間の証拠は何もありません。あったとしたら私の潔白が証明されるわけで。
事故後の時間がはっきりしない市バスのドライブレコーダーと私の通話記録。私と相手と警察官の供述調書。事故後の曖昧な工事現場のガードマンの証言。
あと私が車の移動を警察官に確認して反対車線まで車を移動させて(後続車の妨げとなったので)対向車線で停止(バンパー引きずっていたので)した供述で確認した警察官が110と交番勤務の警察官を間違って供述してしまいそこをえらく突っ込まれました。
取調べで副検事から言われた物証はこの程度です。目撃者に関しては4回目の呼び出しで言われたぐらいで、市バスのドライブレコーダーも時間が分からず、110の通話記録も問題なく自分の認識している事実の確証が強まったのみで、略式もあり得ず公判に至っています。
【その上でご質問です】
起訴状には検察が求める量刑が記載されておりませんでした。
公判時に口頭で述べられるものなのでしょうか?
略式起訴拒否と言うことで公判でも罰金刑を求刑されるのか、否認と言うことで懲役・禁錮などを求刑されるのでしょうか?
勿論私は前科などはございません。車も無事故無違反でずっとゴールドです。
今年の2月に失業したので、起訴状には無職と記載されておりました。
弟のがん看護で出勤が出来ないこと、会社の業績が芳しく無いことより、社長より会社都合の退職にして頂き、失業保険を頂きながら就職活動中です。ハローワークの担当者にも事故の事を正直に伝えております。裁判になっても主張を曲げずに頑張るように言われ再就職も全力で支援してくれています。
4回目の呼び出しも、副検事が退職に伴い日程変更できないこのままでは起訴すると言われて、なくなく、面接をお断りして出頭して現在に至っています。
嘘をつく事故の相手。
初動捜査ミス(目撃者確保など)した警察官。
そして何よりも許せないのが今回担当した副検事です。
みんな自分都合や嘘で真実を追求と言うのを忘れているのでは?
と思います。冤罪を目の当たりにすると言うことを実感しています。

Re: 起訴状が届きました - 日本武(管理人) URL

2014/12/10 (Wed) 18:15:09

「刑事訴訟法第二百九十三条 証拠調が終つた後、検察官は、事実及び法律の適用について意見を陳述しなければならない。」に基づき論告が行われこの際に、論告の最後に求刑があります。これは裁判の証拠調べが終了してからです。
裁判の流れは
人定質問→起訴状の朗読→黙秘権の告知→被告人・弁護人の陳述→証拠調べ(冒頭陳述、証拠調べの請求、証人尋問、被告人質問、被害者の陳述)→論告・求刑→被告人・弁護人の最終陳述→判決と言う順です。
裁判に対応する上で重要な助言をします。裁判時、貴方が法廷で話をするときは必ず裁判官に向かって話をして下さい。

本当にありがとうございます。 - 困った

2014/12/10 (Wed) 22:08:08

管理人様

早速のご返答ありがとうございます。
刑事裁判は検察側の証拠を潰していくものだと、周囲からアドバイスを頂きました。

>裁判時、貴方が法廷で話をするときは必ず裁判官に向かって話をして下さい。
>
これは非常に重要な事なのですね?
承知致しました。

起訴させて~とアドバイスを頂戴しておりましたので、白黒つけたいと思います。
管理人様のアドバイス通り、交通事故の無罪判決も色々ありましたし、前向きに頑張ります。事実でない嫌疑ですから負けられません。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.